市民活動のお知らせを掲載しています。

デマで沖縄への偏見をあおった「ニュース女子」 東京MXテレビは訂正と謝罪を!  抗議行動
 
第33回抗議行動
2月22日(木)18時半〜19時半
場所:TOKYO MX本社前
    千代田区麹町1-12
    地下鉄半蔵門線「半蔵門」駅 3a番出口
    地図→http://s.mxtv.jp/company/map.php
呼びかけ:沖縄への偏見をあおる放送をゆるさない市民有志
https://twitter.com/nonewsjyoshi

行動のねらいとガイドライン:
MXの良心を励まし、訂正と謝罪を求めます/人をおとしめるような言葉は使いません/妨害されても挑発に乗らず、抗議に集中しましょう/単独で動かず、相談してみんなで動きましょう/動画撮影は許可制です。顔がわかる撮影は本人の了解を得てください

MX前での抗議行動は原則第2、第4木曜日です。

<政府交渉>大飯原発の火山灰評価/使用済核燃料の中間貯蔵
 
2月27日(火)
10:30〜    参議院議員会館ロビーにて通行証配布
 11:00〜12:00 院内集会
 12:00〜12:45 政府交渉 大飯原発の火山問題について
 13:00〜13:45 政府交渉 使用済核燃料の中間貯蔵について
参議院議員会館 B102 (永田町駅、国会議事堂前駅)

http://kiseikanshi.main.jp/2018/02/16/12345/
ゲスト:栗橋伸夫(青森県むつ市:核の中間貯蔵はいらない!下北の会)
資料代500円
主催:核の中間貯蔵はいらない!下北の会/原子力規制を監視する市民の会/グリーンピース・ジャパン/美浜・大飯・高浜原発に反対する大阪の会/核のゴミキャンペーン/国際環境NGO FoE Japan/福島老朽原発を考える会 他調整中

関電調査で過小評価の証拠見つかる!核の永久のゴミ捨て場に反対!
関電は3月にも大飯原発を再稼働させようとしています。
しかしここへきて、火山灰評価に過小評価があることが、関電自身の調査により明らかになっています。
専門家による過小評価の指摘を受け、規制庁は昨年6月に、京都市の地層の調査を関電に指示、
関電は12月に提出した中間報告で、最大26センチの火山灰層が見つかったとしています。
大山から京都までの距離は、大山から原発までにほぼ一致します。
関電は大飯原発の火山灰評価において、10センチしか想定しておらず、大幅な過小評価となっています。
再稼働手続きを止めるべきです。
その関電はいま、使用済核燃料の行き場を物色しています。
青森県むつ市で建設中の中間貯蔵施設もその一つです。
むつ市長は拒否の姿勢を示していますが、関電は青森市で子会社をつくり、地元雇用するなどの動きをみせています。
使用済核燃料の行き場問題は、原子力政策のネックになっており、
逆にここを止めれば、原発は稼働が続けられなくなります。
上記について、2月27日に政府交渉を行います。
青森県むつ市から栗橋伸夫さんも参加されます。
前回欠席の資源エネルギー庁には、中間貯蔵後の行き先などについて問い質します。
火山については関電の最終報告について問い質します。
どなたでも参加できます。誘い合わせてお越しください。

国際シンポジウム 3・11を忘れない〜核なき未来へ向けて
 
3月9日(金)14:00〜21:00
文京区区民センター3A(都営大江戸線・三田線「春日駅」A2出口徒歩2分、東京メトロ南北線「後楽園駅」6番出口徒歩5分、東京メトロ丸の内線「後楽園駅」4b出口徒歩5分)
http://www.city.bunkyo.lg.jp/gmap/detail.php?id=1754

http://www.foejapan.org/energy/evt/180309.html
フェイスブックページ:https://www.facebook.com/events/346350699177707/
◆昼の部 福島の今とエネルギーの未来  14:00〜17:00
<特別報告>飯舘村はいま…長谷川健一(酪農家)
避難・保養・健康問題〜政策の失敗と市民による取り組み …満田夏花・矢野恵理子
日本におけるエネルギーシフトの現状…吉田明子
いよいよ国会へ!「原発ゼロ基本法案」を盛り上げよう(国会議員からの発言を調整中です)
<休憩 60分>…コーヒー・軽食タイム/ブース展示など
◆夜の部 核なき世界へ向けて     18:00〜21:00
<特別報告>核廃絶へ向けて動き出す世界…川崎哲(ピースボート共同代表)
脱原発を勝ち取った人々の力 台湾と韓国からの報告(逐次通訳)
台湾からの報告….洪申翰(台湾緑色公民行動連盟)
韓国からの報告…ヤンイ・ウォニョン(韓国環境運動連合)
パネルディスカッション

参加費:昼の部・夜の部 それぞれ800円、通し券1000円
定 員 300人(申し込み先着順)
要申し込み:下記の申込みフォームからお申し込みください。 
https://www.foejapan.org/event/register_180309.html
主催:FoE Japan
協賛:東アジア環境情報発電所、東京・生活者ネットワーク、市民エネルギー研究所、ノーニュークス・アジアフォーラム・ジャパン、環境文明21、原発メーカー訴訟原告団、グリーンピース・ジャパン、原子力資料情報室、首都圏反原発連合、アーユス仏教国際協力ネットワーク、ピースボート
協力:eシフト、避難の協同センター
問合せ:国際環境 NGO FoE Japan  (担当:深草)
Tel:03-6909-5983  Fax:03-6909-5986
E-mail: info@foejapan.org

豊田直巳写真展『叫びと囁き』&豊田直巳トークライブ
 
◆写真展:
2月20日(火)〜4月11日(水) 月〜金10:00〜18:00・土11:00〜16:00 日・祝日休館 2/24臨時休館
会場:聖心女子大学4号館/聖心グローバルプラザ・BE*hive
東京メトロ日比谷線・広尾駅・4番出口 徒歩1分

◆ギャラリー・トークライブ  出演:豊田直巳
2.20[火]17:30〜 2.27[火]17:30〜
3.19[月]17:30〜 4.11[火]17:30〜 

入場無料
主催:聖心女子大学グローバル共生研究所 http://kyosei.u-sacred-heart.ac.jp/

復活する「原子力ムラ」。 新たな神話。
あなたは漠然とした不安を感じていませんか。
世の中には、見えないもの、
見えなくさせられているものがあるのでは、
と、感じていませんか。
そんなあなたに届けたい、もうひとつの物語。

東海第二原発の再稼働審査を問う! 原子力規制委員会院内ヒアリング集会〜首都圏に最も近い老朽・被災原発を動かすな〜
 
2月22日(木)13時〜17時 
衆議院第2議員会館多目的会議室(1階)
東京メトロ 国会議事堂駅、永田町駅、溜池山王駅から徒歩

出席依頼:原子力規制庁
質問項目:
1 東海第二原子力発電所の原子炉設置許可について
2 経理的基礎の欠如した日本原子力発電
3 東海第二の津波対策
4 東海第二原発の老朽化対策
質問者:山崎久隆(たんぽぽ舎)ほか
紹介:衆議院 大河原まさこ議員
主催:再稼働阻止全国ネットワーク http://saikadososhinet.sakura.ne.jp/rn/
メール info@saikadososhinet.sakura.ne.jp

13時15分〜通行証配布/13時30分〜13時40分開会、議員ご挨拶/13時40分〜14時25分事前学習会/14時30分〜16時規制庁ヒアリング(規制委に出席依頼中)/16時〜16時30分事後確認

東電福島第一原発(イチエフ)の放射能汚染水のコントロールもブロックもできていない中で、廃炉への道も見えず、「核のゴミ」があちこちに点在する日本列島を放置したままで、原子力規制委員会の再稼働審査推進は許せません。
まして、イチエフ事故を踏まえない既存原発再稼働のための「新規制基準」で、地震対策も火山噴火対策もプラント評価も全く不十分なままで、また避難対策も住民理解も得られないままで、審査合格・再稼働などあり得ません。
残念ながら原子力規制委員会は、川内、高浜、伊方、美浜、大飯、玄海、柏崎刈羽の各原発の設置変更許可を認可し、既に川内、高浜、伊方が再稼働されました。
それでも、これらの原発に対して周辺住民から稼働差止の訴えが多数出て、大津地裁、福井地裁、広島高裁などは稼働差止の仮処分決定を出しました。
「新規制基準」も審査も「緩やかに過ぎ合理性を欠く」と多くの司法が判断したのです。
それゆえ原子力規制委員会は司法の判断を重く受け止めて、「新規制基準」と審査のあり方を総括して出直すべきです。
ところがそうはせず、イチエフ事故の加害事業者である東電の柏ア刈羽原発の設置変更許可を与えたばかりか、更に東日本大震災の被害を受けた老朽原発で再処理工場などの核のゴミ一杯でかつ30km圏内に96万人もの人が住み首都に最も近い東海第二原発について、設置変更許可及び(例外中の例外であるはずの)20年延長を認めるかも知れない状況です。
私たちはこれを看過できません。
長年東海第二を監視してきた山崎久隆さんと原発現地の方々とともに、原子力規制委員会(原子力規制庁)に対して国会議員を通してヒアリングし、東海第二原発の再稼働反対を訴えます。
多くの方々の参加を呼びかけます。また、多くのメディアの取材・報道をお願いします。

市民電力連絡会 総会記念フォーラム
 
2月23日(金)18:30〜
エコギャラリー新宿(都庁前駅)

基調講演
「エネルギー転換の時代〜急増する自然エネルギー」大林ミカ(自然エネルギー財団)

参加費、会員無料、会員外1000円。当日入会も歓迎(会費、団体2000円、個人1000円)
NPO法人市民電力連絡会 Peoples power network
E-mail: ppn2014info@gmail.com
http://peoplespowernetwork.jimdo.com

モリ・カケ追及! 第2弾 国税庁包囲行動&デモ行進
 
3月3日(土)13時30分 日比谷公園 西幸門集合
   13時40分〜 国税庁・財務省包囲行動
   14時30分  デモ出発

主催:森友・加計問題の幕引きを許さない市民の会
http://sinkan.cocolog-nifty.com/blog/

3月3日「モリ・カケ追及! 納税者一揆 第2弾」をやります
私たちの運動も2.16行動1回で「幕引き」とはいきません。
週明けの国会は佐川氏と昭恵夫人の証人喚問、麻生財務相、安倍首相の「適材適所」発言をめぐって緊迫した状況が続く見込みです。
そこで、当会は、次のようなアピールを掲げて、第2弾の行動を行うことにしました。
より多くの方に参加いただける土曜日です。

アピール・ポイント:
佐川長官 御用だ! 
従業員用エレベーターを使った恥ずかしい「逃亡」を止めろ! 
国会で証言せよ!
 
佐川長官を任命したのは誰だ。麻生大臣だ! 
麻生も責任を取れ!
麻生はニヤけた答弁やめろ! 国民をなめるな!
安倍首相、佐川長官を「適材」とは何事だ!

公務員は安倍の私兵ではない 国民全体への奉仕者だ!(日本国憲法第15条2)
昭恵さん、「私も真実を知りたい」はないだろう! 
知りたいのはこっち(国民)だ! 国会で証言せよ!
税金は政府の私物ではない 国民のために使え!

よびかけ一式 :http://sinkan.cocolog-nifty.com/blog/2018/02/233-dd8f.html
チラシ:https://app.box.com/s/aqgf2wydnsudd2pxfg6fyw4suug7tp0h

第41回憲法を考える映画の会『ザ・思いやりパート2 希望と行動編』
 
2月24日(土)13時半〜16時半
文京区民センター 3A会議室(文京区本郷4-15-14)
地下鉄(大江戸線・三田線)「春日駅」徒歩2分、丸ノ内線・南北線「後楽園駅」徒歩5分
地図→http://skc-net.jp/info/map/map-kumin-center.htm

映画:『ザ・思いやりパート2 希望と行動編』
参加費:一般1000円 学生500円
主催:憲法を考える映画の会 http://kenpou-eiga.com/

在日米軍駐留経費の一部を日本側が負担するという「思いやり予算」について、
在日アメリカ人のリラン・バクレー監督が問題提起するドキュメンタリー「ザ・思いやり」の第2弾。
20年以上日本で暮らしているバクレーさんが、アメリカ人としての視点から、世界の戦場へ繰り出している在日米軍がそこで何をしているのか、
また不条理なことの多い沖縄に希望はあるのかなど、在日米軍関連のさまざまなシリアスな問題について
「思いやり」をもって生きる人々の声を聞きながら時にコミカルに切り込んでいく。

さようなら原発アクションと立憲民主党エネルギー調査会の対話集会
 
2月20日(火)17:00〜19:00
衆議院第一議員会館 多目的ホール(地下鉄「国会議事堂前」「永田町」下車)

内容:「原発ゼロ基本法骨子案」およびエネルギー政策に対する意見交換
出席者:鎌田慧、落合恵子、西尾漠(原子力資料情報室共同代表)ほか
主催:立憲民主党・エネルギー調査会

立憲民主党の「原発ゼロ基本法骨子案」はこちら
https://cdp-japan.jp/news/wp-content/uploads/2018/01/cdpj-zero_002.pdf

さようなら原発1000万人アクション実行委員会から立憲民主党への申し入れ書はこちら
http://www.peace-forum.com/gensuikin/seimei/20180209.html

安倍政権の原発推進政策に対し、立憲民主党が「原発ゼロ基本法骨子案」を作成しました。2月20日に「さようなら原発1000万人アクション実行委員会」との意見交換会が開かれます。
また各地でもタウンミーティングが開かれます。
どなたでも参加できます。

国連・憲法問題研究会講演会「明治150年」徹底批判−なぜ歴史を歪曲するのか
 
2月24日(土)午後5時45分開場 6時開始
文京区民センター3階C会議室
    都営三田線・大江戸線「春日駅A2出口」徒歩2分
    東京メトロ丸ノ内線「後楽園駅4b出口」徒歩5分
    東京メトロ南北線「後楽園駅6番出口」徒歩5分
    地図→http://skc-net.jp/info/map/map-kumin-center.htm

講師:山田朗(明治大学教授・近現代史)
参加費:800円(会員500円)
主催:国連・憲法問題研究会
連絡先:研究所テオリア  URL:http://theoria.info

2018年、安倍政権は大々的な「明治150年記念事業」を計画しています。
首相官邸ホームページは、「明治150年」について『この「明治150年」をきっかけとして、明治以降の歩みを次世代に遺すことや、明治の精神に学び、日本の強みを再認識することは、大変重要なことです。このため、政府においては、こうした基本的な考え方を踏まえ、「明治150年」に関連する施策に積極的に取り組んでいます。』

「明治以降の歩みを次世代に遺す」「明治の精神に学び、更に飛躍する国へ」という「基本的な考え方」に基づいて、「明治以降の日本の歩みを改めて整理し、未来に遺すことにより、次世代を担う若者にこれからの日本の在り方を考えてもらう契機とする。」として、進められている国、自治体などの記念行事は日本の近代化は素晴らしかったという明治期日本への礼賛のみです。

近代日本の植民地支配と戦争、皇民化の強制、産業革命による公害と劣悪な労働状況、家制度、自由民権運動への弾圧等々、日本近代の負の歴史を正面から取り上げた内容は全くありません。
明治回帰をめざす歴史修正主義の狙いが透けて見えるような内容です。

集団的自衛権行使と憲法改悪が現実化しようしている中、行われる明治国家礼賛の「明治150年」の狙いと意味は何か。

核燃料サイクル政策撤退のとき 省庁VS議員と市民の院内ヒアリング
 
2月21日(水)14:20〜17:40 13:50開場
衆議院第一議員会館 多目的ホール(国会議事堂前駅、永田町駅)

テーマ:不明な新高速炉計画と余剰プルトニウムの問題・再処理問題
省庁:経産省資源エネ庁、文科省、原子力研究開発機構、会計検査院、原子力規制庁(要請中)
パネリスト:
議員:菅直人、阿部知子、近藤昭一、逢坂誠二、福島みずほ、辰巳孝太郎、森ゆうこ
市民:中島哲演(福井)、山田清彦(青森)、宮崎寛(京都)、池島芙紀子(大阪)、服部良一(大阪、予定)
主催:脱原発政策実現全国ネットワーク
   連絡先:ストップ・ザ・もんじゅTEL072-843-1904
協力:超党派国会議員連盟「原発ゼロの会」

広島高裁の判決や白根山の噴火は、日本が地震大国であると同時に火山大国であることを改めて強く私たちに警告してくれました。
原発はもとより、超危険で超無駄な核燃料サイクル施設は自然の脅威の前に無防備に近いのではないでしょうか。
一刻も早く核燃料サイクル政策を中止させるため、ぜひ院内ヒアリング集会にご参加・ご発言くださるようお願いします。

ブッ飛ばせ!「共謀罪」百人委員会 2・21院内集会「共謀罪廃止法案を審議せよ!」
 
2月21日(水)12時〜14時(開場:11時30分)
    *11時30分から議員会館入口で係の者が入館証をお渡しします。
衆議院第二議員会館1階 第一会議室(地下鉄有楽町線永田町駅・丸の内線国会議事堂前駅下車約5分)

資料代500円
集会内容
◇共謀罪の導入による監視社会の強化 斎藤貴男
◇各界からの発言 学者・弁護士・有識者・団体代表等
◇国会議員からの発言 立憲民主党、民進党、希望の党、共産党、社民党、自由党
主催:ブッ飛ばせ!「共謀罪」百人委員会
お問い合わせ先 090-7723−1386(足立昌勝)

昨年12月6日、立憲民主、共産、自由、社民の四党と、衆院会派「無所属の会」は、
「共謀罪」 の趣旨を盛り込んだ改正組織犯罪処罰法の廃止法案を衆院に共同提出しました。
しかし、特別国会の会期切れとともに、継続審査となり、その法案は、現在でも衆議院法務委員会にかかっています。
そもそも共謀罪法は、国会法56条の3に規定する「中間報告」を用いて成立させたものですが、
参議院本会議での審議は、国会法が中間報告の要件としている「必要性」や「緊急性」についての審議を何ら行わずに成立させたもので、
国会法に違反していることは明白です。
このような監視社会化を強化することが明白な共謀罪法は、私たちの社会にいりません。

大軍拡と基地強化にNO! 2・24防衛省デモ&集会
 
◆防衛省デモ
2月24日(土)15:15集合
場所:外濠公園・市ヶ谷駅寄り(JR市ヶ谷駅徒歩2分)
16:00デモ出発 防衛省へ

◆大軍拡と基地強化にNO!集会
2月24日(土)18:15開場 18:30開始
場所:文京シビックセンター 3階区民会議室(3階の障害者会館内)
   市ヶ谷から地下鉄南北線で二つ目、後楽園駅下車、5番出口1分
講演:田村順玄(岩国市議)「岩国から見た米軍・自衛隊(仮)」
資料代500円

主催:大軍拡と基地強化にNO!アクション2017
参加団体:有事立法・治安弾圧を許すな!北部集会実行委員会(連絡先:北部労働者法律センター気付 TEL・FAX 03−3961−0212)/立川自衛隊監視テント村(連絡先:TEL・FAX042−525−9036)/パトリオットミサイルはいらない!習志野基地行動実行委員会/反安保実行委員会/武器輸出反対ネットワーク(NAJAT)
賛同団体:戦争・治安・改憲NO!総行動

「大軍拡と基地強化にNO!アクション2017」は、この間、大軍拡予算を問題にする様々な取り組みをしてきました。
12月12日には、参議院議員会館にて、イージス・アショア導入などに関して、防衛省などと交渉を持ちました。
イージス・アショアのレーダー(SPY−1)が発する強力な電磁波の住民への健康被害について住民への説明会を開くよう求めましたが、国は無責任にも明確に答えませんでした。
また、自衛隊が購入するオスプレイを佐賀ではなく木更津に配備する理由を聞いたところ、
陸自オスプレイが輸送するのは長崎県佐世保市に駐屯する「水陸機動団だけではない」と答えました。
当初から木更津が配備先の本命だったともうかがわせる回答を引き出しました。
今後、米軍横田基地に配備されるオスプレイを使用する米特殊部隊と、木更津のオスプレイを使用する習志野の特殊作戦群とが共同で訓練することも予想されます。
さらに、来年3月までに陸上総隊が新編され、その司令部(朝霞)、日米共同部(座間)も稼動し始めます。
朝鮮民主主義人民共和国への圧力強化とあいまって、三自衛隊、そして米軍との統合運用力の強化が着々と進められています。
大軍拡と基地強化に反対する声を防衛省に突きつけていきましょう!

戦争反対! 壊憲阻止・生存・労働権を闘い取ろう! 2018国際婦人デー 3・3東京集会
 
3月3日(土)開場13時 開会13時30分
文京区男女平等センター
    文京区本郷4-8-3 本郷真砂アーバンハイツ1F
    地下鉄丸ノ内線・大江戸線「本郷三丁目駅」下車徒歩5分
    アクセス→https://www.bunkyo-danjo.jp/access.aspx

プログラム:
基調報告「戦争と女性――失った権利を取り戻そう」 倉田智恵子(国際婦人デー3・3東京集会実行委員)
特別講演「オモニたちの願い」 梁玉出(リャン・オクチュル)(在日本朝鮮民主女性同盟中央本部・副委員長)
朝鮮学校生の踊り(予定)
たたかいの現場からの報告 労働現場/沖縄・反基地/反原発
アピール
※集会後デモ行進あり
参加費:1000円
主催:国際婦人デー3・3東京集会実行委員会
    本郷文化フォーラムワーカーズスクール
    http://www.hows.jpn.org/
    メールアドレス hows@dream.ocn.ne.jp
チラシ→http://www.hows.jpn.org/womensday2018.pdf

戦争法・特定秘密保護法を廃止せよ!
共謀罪反対 緊急事態条項はいらない!
辺野古新基地建設反対 すべての基地の撤去を!
南西諸島の自衛隊配備反対!
すべての原発を廃炉に 再稼働・海外輸出反対!
中国・朝鮮に対する敵視政策をやめろ 排外主義を煽るな!
「慰安婦」制度被害者に公式謝罪と法的保障をせよ! 日韓「合意」は解決ではない!
朝鮮高校の無償化を早期に実現せよ 補償金の復活を!
生活保護費削減反対 軍事費より社会保障の充実を!
消費税10%反対 大企業への優遇税制をやめて教育無償化を!
8時間労働を守れ 残業反対、労働者派遣法を撤廃せよ!

3・1朝鮮独立運動99周年 止めよう!安倍政権が煽る米朝戦争の危機 2・24集会
 
2月24日(土)午後6時30分開会(午後6時開場)
文京区民センター3階
   都営三田線・大江戸線「春日駅A2出口」徒歩2分、東京メトロ丸ノ内線「後楽園駅4b出口」徒歩5分、東京メトロ南北線「後楽園駅6番出口」徒歩5分
   http://skc-net.jp/info/map/map-kumin-center.htm

今年の3月1日は、日本の植民地支配からの独立を求め朝鮮半島全土で人びとが立ち上がった3・1独立運動(1919年)から99周年の日です。
私たちにとっては、歴史を直視しながら日本と朝鮮半島やアジアの人びととの平和な関係をいかに築くのかを問い直す日でもあります。
内容
講演 緊迫する朝鮮半島情勢−日米朝があおる危機の正体
    半田 滋(東京新聞論説兼編集委員)
韓国ゲストから 米韓演習中止し朝鮮半島の平和体制構築へ
         韓国進歩連帯など代表団が来日
他にアピール等も予定
http://nikkan-net.cocolog-nifty.com/blog/2018/01/3199224-282a.html
資料代1000円
主催:2018 3・1独立運動99周年集会実行委員会
呼びかけ団体:
日韓民衆連帯全国ネットワーク http://nikkan-net.cocolog-nifty.com/
/ピースボート/「戦争と女性への暴力」リサーチ・アクションセンター(VAWW RAC)/ 許すな!憲法改悪・市民連絡会/反安保実行委員会/在日韓国民主統一連合

第54回東京電力本店合同抗議/日本原電本店抗議
 
3月11日(日)13:30〜15:00
東電本店前(千代田区内幸町 新橋駅5分、内幸町駅3分)

事故から7年
東京電力は福島原発事故の責任をとれ!
柏崎刈羽原発再稼働するな! 汚染水止めろ!
発言者(依頼中)
福島から:鴨下祐也(福島原発被害東京訴訟・原告団長)、亀屋幸子(双葉町から避難)
落合恵子(作家)、鎌田慧(ルポライター)、木村結(東電株主代表訴訟)、山本太郎(参議院議員)、参加者
音楽:日本音楽協議会、豊岡マッシー(沖縄出身)、多摩川太鼓の演奏、ほか

呼びかけ:経産省前テントひろば/たんぽぽ舎 https://www.tanpoposya.com/
賛同:東電株主代表訴訟、ピースボートなど128団体

終了後
※地下鉄による移動
 都営三田線「内幸町」駅より「神保町」駅で乗り換え
 都営新宿線「小川町」駅B6出口より徒歩2分

3月11日(日)15時30分より16時30分
日本原電本店抗議 【千代田区神田美土代町1-1】

再稼働阻止全国ネットワーク&
3.11抗議集会茨城実行委員会
 大石光伸・大名美恵子・荻三枝子・小張佐恵子
 佐藤英一・先崎千尋・村上達也(あいうえお順)

辺野古新基地建設NO! 2.25首都圏大行動 護岸工事・土砂投入で海を殺すな
 
2月25日(日) 14:00集合 15:00デモ出発(池袋一周デモ)
場所:東池袋中央公園(池袋サンシャイン60ビル隣り 豊島区東池袋3-1-6 有楽町線「東池袋駅」5分、JR・地下鉄・西武線「池袋駅」15分)
https://loco.yahoo.co.jp/place/g-EqPUozcSlTg/map/

主催:2.25首都圏大行動実行委員会
TEL090-3910-4140(沖縄・一坪反戦地主会関東ブロック)  http://www.jca.apc.org/HHK/

辺野古の状況は、護岸の工事が進んでおり、また海上からの石材搬入の動きも加速しています。
しかしその実態は岩礁破砕許可を受けていない違法工事であり、簡単に着手できるところだけの一部分をおこなっているにすぎません。
このような動きは、埋め立てがあたかも進んでいるかのごとく宣伝をして、
新基地建設に反対する沖縄県民にあきらめムードを作ろうとするものです。
一方相次ぐ米軍ヘリの部品の落下、不時着により、
子どもたちが校庭でのびのび運動できないなど生活権、教育権が侵害され、住民を恐怖に陥れています。
いままで以上に米軍機の飛行停止と普天間飛行場(基地)撤去の声が高まっています。
また宮古島では自衛隊基地の建設が強行されるなど先島諸島への自衛隊配備が進行し、
安倍政権の戦争のできる国作りによって沖縄が再び戦場にされ犠牲を強いられようとしています。
名護市長選後の状況をも踏まえ、辺野古をめぐる今春の厳しい状況を突破するために、
沖縄の闘いに連帯し、首都圏において辺野古新基地NOの声を大きく上げ
安倍政権に辺野古新基地建設断念を迫っていきましょう。

福島原発被ばく労災あらかぶさん裁判 第六回口頭弁論(東京地裁)& 報告集会
 
2月22日(木)
 13:00〜 東京地裁前アピール行動
 14:00〜 口頭弁論(東京地裁103号大法廷)
 ※東京地裁:東京メトロ丸の内線・日比谷線・千代田線「霞ヶ関駅」A1出口から徒歩1分

 裁判終了後
 15:00〜 裁判報告集会
 会場:参議院議員会館 B104
 内容:準備書面と口頭弁論の解説(弁護団)
    福岡・被曝労災梅田裁判不当判決弾劾−最高裁へ!(報告=池上遊弁護士)

東電・福島第一原発の事故収束作業や九電・玄海原発の定期検査に従事し急性骨髄性白血病を発症、
「死ぬかもしれない」との恐怖から、うつ病も発症したあらかぶさん(北九州在住)は、
命がけで収束作業に携わった労働者に対して使い捨てと言わざるを得ない扱いをしている東電・九電に対して強い怒りを感じ、2016年11月東京地裁に提訴しました。
裁判は今回で第六回となります。

東電は「原告が受けた放射線被ばくと白血病及びうつ病との間に事実的因果関係が認められない」と、国が認定した労災すら否定しています。
あらかぶさんの被ばく線量が「相当量=100mSv」に満たないので因果関係はない、「速やかに棄却されるべき」などと、愚弄しきった主張をしています。

収束作業に携わった労働者が既に6万人を超え、健康被害が心配される中、
自身の尊厳の回復と「働く仲間があとに続けるように」との思いで自ら声を上げたあらかぶさんの裁判は、絶対に負けるわけにいきません。
この裁判に多くの皆さんが関心を寄せ、共に声を上げて下さるよう訴えます!
傍聴席を埋めつくし、あらかぶさんを応援して下さい!

第7回 江古田映画祭2018 3.11福島を忘れない
 
2月24日(土)武蔵大学 13時〜  オープニングイベント+上映会+ライブ
2月25日(日)〜3月11日(日) 上映会場:ギャラリー古藤(武蔵大学正門斜め前)

上映スケジュールはこちら ⇒ http://furuto.art.coocan.jp/
主催: 江古田映画祭実行委員会 申込先:03-3948-5328

東電福島第1原発事故から7年、8年目の春を迎えます。
福島を忘れてはならないという思いは変わりません。
監督や関係者のトークに加え、ことしは著名なミュージシャンのライブも行います。
水俣・ヒロシマ・アスベスト、いのちが脅かされるさまを記録した映画やラジオドラマも用意しました。
武蔵大学生たちも参加します。

もっかい事故調オープンセミナー 福島原発事故はまだ終わっていない!
 
3月10日(土)13:00〜16:00
文京区民センター 2A会議室(都営三田線・大江戸線「春日駅A2出口」徒歩2分、東京メトロ丸ノ内線「後楽園駅4b出口」徒歩5分、東京メトロ南北線「後楽園駅6番出口」徒歩5分)
    地図→http://skc-net.jp/info/map/map-kumin-center.htm

報告:
田中三彦 福島第一1号炉の主蒸気逃し弁の動作問題を中心に
伊東良徳 津波の到達時刻と非常用ディーゼル発電機の停止
上澤千尋 柏崎刈羽原発のフィルターベントと代替循環冷却系
資料代:1000円
主催:もっかい事故調
賛同:原子力資料情報室
協力:岩波書店『科学』編集部
問い合わせ:090-4422-5394(澤井)sawai@cnic.jp
※もっかい事故調:国会事故調で事故原因調査を担当したメンバー(元委員、元協力調査員)の有志が集い、事故調査を継続している。

東京電力は福島第一原発事故に関する未解明問題にかんする第5回進捗報告を2017年12月25日に公表し、根本原因究明は終了したと主張しています。
しかし、そのレポートの内容をていねいに読んでいくと、事故原因究明が当初からまったくすすんでいないことがわかります。
1号炉の水素爆発のメカニズムおよび主蒸気逃し弁の不動作の原因、1〜3号炉で津波が原発建屋に到達した時刻より非常用ディーゼル発電機の停止が早いこと、2号炉での格納容器ベントの動作と放出放射能量の関係、4号炉の水素爆発のメカニズムなど、わからないことだらけです。
 
「福島原発事故はまだ終わっていない」のです。
東京電力は福島第一の事故現場で「燃料デブリ」探しに奔走しており、一刻も早く事故炉を解体撤去し、「証拠」を消してしまいたいかのようです。

一方で、柏崎刈羽原発の再稼働のために実証経験のないシビアアクシデント対策をつぎつぎに導入することを決め、新規制基準の審査を通してしまいました。
もっかい事故調は、あらためて福島原発事故の原因を問い直したいと考えています。

- KENT WEB -