市民活動のお知らせを掲載しています。

共謀罪法案の廃案を求める国会前行動ほか予定
 
http://www.anti-war.info/action/

http://sogakari.com/?page_id=67

■共謀罪法案の廃案を求める5.22国会前行動
日時:5月22日(月)18時30分〜 ※お昼ではありません、ご注意を!
場所:衆議院第二議員会館前
共催:共謀罪NO!実行委員会/戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会

■共謀罪法案の廃案を求める5.23国会前行動
日時:5月23日(火)12時〜13時集会、13時30分〜16時座り込み行動、18時30分〜集会
場所:衆議院第二議員会館前
共催:共謀罪NO!実行委員会/戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会

■共謀罪法案の廃案を求める5.24国会前行動
日時:5月24日(水)12時30分〜13時30分
場所:衆議院第二議員会館前
共催:共謀罪NO!実行委員会/戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会

■労働法制の改悪と共謀罪創設に反対する連帯集会
日時:5月24日(水)18時30分〜 ※19時45分〜デモ出発
場所:日比谷野外音楽堂
共催:労働運動と市民の連帯をめざす一日実行委員会
協力:戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会

■森友疑惑徹底糾明!共謀罪阻止!安倍政権は退陣せよ!5.25国会議員会館前行動
日時:5月25日(木)18時30分〜20時 ※当面毎週木曜日の行動を継続します
場所:衆議院第二議員会館前
主催:戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会

■共謀罪の廃案を求める5.31日比谷野音集会(仮称)
日時:5月31日(水)18時30分〜 ※詳細未確定
場所:日比谷野外音楽堂
共催:5.31集会実行委員会

■止めよう!辺野古埋立て 共謀罪法案は廃案に! 6.10国会大包囲
日時:6月10日(土)14時〜15時30分
場所:国会周辺(4つのエリアでリレートーク)
主催:基地の県内移設に反対する県民会議
「止めよう! 辺野古 埋立て」国会包囲実行委員会
戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会
協賛:共謀罪NO!実行委員会

「子ども・被災者支援法」制定から5年〜実効性ある被害者救済に向けて
 
6月20日(火)14:00〜17:00
参議院議員会館講堂 ※東京メトロ 永田町駅1番出口すぐ、国会議事堂前駅3番出口徒歩5分

・「子ども・被災者支援法の評価と今後」…福田健治/弁護士
・「子ども・被災者支援法の立法意図」…川田龍平/参議院議員
・「避難者の現状は?」…瀬戸大作/避難の協同センター事務局長
・「甲状腺がんの状況は? 健診は? 医療支援は?」…(調整中)
・「保養の実態は:求められる”保養”の意義の定着と国としての関与」…小川杏子/「福島の子どもたちとともに」川崎市民の会 世話人
・「当事者の想い」…長谷川克己/郡山市から静岡県に避難
・ディスカッション

資料代500円  (避難当事者は無料)

申し込み:メールまたはファックスで、件名を「支援法5周年申し込み」とし、●お名前、●ご連絡先電話番号、●E-mail--をご連絡ください。

http://www.foejapan.org/energy/fukushima/evt_170620.html

主催:FoE Japan http://www.foejapan.org/#infotop

2012年6月27日、全党派、全国会議員の賛成のもとに制定された「原発事故子ども・被災者支援法」。
「放射性物質による放射線が人の健康に及ぼす危険について科学的に十分解明されていない」(第一条)、国が「これまで原子力政策を推進してきたことに伴う社会的な責任」(第三条)について明記し、「居住」「避難」「帰還」の選択を被災者が自らの意思で行うことができるよう、医療、移動、移動先における住宅の確保、就業、保養などを国が支援するとしています。
その後、「子ども・被災者支援法」は、実施段階で徹底的な官僚側のサボタージュに合い、結果的に骨抜きにされてしまった感があります。
制定後、1年以上もの間実施されなかったあげく、2013年10月11日、被災者の意見をほとんど反映させることなく「基本方針」が閣議決定されてしまいました。

市民電力連絡会 連続講座 再エネ新時代への挑戦
 
■第3回 DiO(Do it ourselves)〜市民の手づくり発電所
6月16日(金)18時半〜
会場:井土ヶ谷アーバンデザインセンター(横浜市南区)
講師:山川 勇一郎(たまエンパワー)
FIT 低価格時代に突入する中、企画、営業、設置をそれぞれの事業者が協力して低コストを実現するエネフローラ実践中。
その最先端ビジネスモデル「DiO」(Do it ourselves)を体験してみよう。

参加費1500円

■同時開催 16時〜「DiO 体験ワークショップ」(参加費を別途1000円いただきます)

https://peoplespowernetwork.jimdo.com/kouza/

主催:NPO法人市民電力連絡会
https://peoplespowernetwork.jimdo.com/

シンポジウム「電力自由化から一年〜動き出す地域・市民・ビジネス」
 
6月3日(土)13:30〜16:30
北とぴあ 第2研修室 
    (JR王子駅北口より徒歩2分、地下鉄南北線王子駅下車5番出口直結)
     http://www.hokutopia.jp/access/

プログラム:
13:30〜 第1部 シンポジウム
・話題提供「電力自由化から一年〜動き出す地域・市民・ビジネス」
    FoE Japan 吉田明子
・事例報告・パネリスト
    自由の森学園理事長 鬼沢真之/こだいらソーラー 都甲公子/ラッシュジャパン 丸田千果

15:00〜 第2部 会員総会 (公開)
    FoE Japanの活動報告ほか

参加費:500円(FoE Japanサポーターは無料)
申込み: こちらからお申込みください。
      http://www.foejapan.org/event/supt/170603.html

電力小売全面自由化からまもなく1 年。再エネ供給をめざす電力会社への切り替えは、まだまだこれからです。
FoE Japan では、持続可能なエネルギー社会に向けて、パワーシフト・キャンペーンに取り組んでいます。

肥田舜太郎先生 追悼上映会 最後の、広島原爆被爆医師
 
5月28日(日) 完全入れ替え制
会場:ユーロライブ(ユーロスペース内)(東急本店前交差点左折 渋谷区円山町1-5 KINOHAUS 2階)

1部「ヒバクシャ 世界の終わりに」(鎌仲監督2003年) 10:00〜11:56
  鎌仲監督講演 11:56〜12:25

2部 プティジャン監督ビデオメッセージ 12:45〜12:55
「核の傷」(プティジャン監督2006年) 二本立て 12:55〜14:15
「3.11以降を生きる:肥田舜太郎医師講演より」(UPLINK製作2012年)

3部 鎌仲監督講演 14:35〜15:05
  「内部被ばくを生き抜く」(鎌仲監督2012年) 15:05〜16:25

4部 山本プロデューサーごあいさつ プティジャン監督ビデオメッセージ 16:45〜17:00
  「ヒロシマ、そしてフクシマ」(プティジャン監督2015年) 17:00〜18:20

一般1300円/学生1000円/中学生以下500円
予約、前売り 一般1200円/学生800円/中学生以下400円
複数作品ご覧いただく方 1000円/学生700円

申し込み:FBイベントページ 肥田舜太郎先生追悼上映会 goo.gl/22UK4A で検索
申し込みフォーム:goo.gl/P1HQ9V

主催:プロデューサー山本顕一 特別協賛:映画監督鎌仲ひとみ 賛同の有志

講演会&シンポジウム 3・11後6年 〜核なき国への転換を求めて〜
 
6月3日(土)14:30〜16:45
マロンホール1階ギャラリー(JR中央線「東小金井駅」南口5分)

基調講演「福島原発事故による海洋汚染の実態と課題」
湯浅一郎(NPO法人ピース・デポ副代表)

休憩(15分):オカリナ演奏(「ぶら・ぶーら」川島貞子ほか)

シンポジウム:
湯浅一郎
佐藤弓子(「アヒンサー」発行、PKO法「雑則」を広める会)
佐藤和雄(脱原発をめざす首長会議事務局次長)
司会進行:矢間秀次郎(映画「シロウオ」プロデューサー)

参加費500円 先着60人

主催:千曲川・信濃川復権の会(環境雑誌「奔流」発行元)
TEL・FAX042-381-7770

ドキュメンタリー映画「標的の島 風(かじ)かたか」
 
三上智恵監督最新作 2017年
http://hyotekinoshima.com/

この砦が、最後の希望――
辺野古、高江、宮古、石垣――なぜ闘うのか?
壊れかけたこの国の、自由と平和をめぐる「最前線」。

「標的の島」とは、沖縄のことではない。
それは今、あなたが暮らす日本列島のこと。

歌い、踊り、咲き誇る文化の力。
「最前線」に集まる人々、新たなる希望。

辺野古の海の埋立てを許さない! 5.27新宿デモ
 
5月27日(土)14:00〜新宿アルタ前(新宿駅東口)でアピール 15:00デモ出発

http://www.labornetjp.org/EventItem/1493646866415matuzawa

主催:辺野古への基地建設を許さない実行委員会
http://www.jca.apc.org/HHK/NoNewBases/NNBJ.html
連絡先:沖縄・一坪反戦地主会関東ブロック
http://www.jca.apc.org/HHK/

○大げさな「本体工事着工」報道
政府・防衛省は、沖縄県名護市の辺野古に新しい米軍基地を建設するため4月25日に護岸工事に着手しました。
マスコミは「あと戻り困難に」と大きく報道し、辺野古新基地建設に反対しても仕方がない、と言わんばかりの宣伝ぶりでした。
しかし、その日は割栗石を入れた袋が5個波打ち際に置かれただけ。
わずか20分程度の作業でセレモニーが行われたにすぎません。

まだ、埋め立て本体工事に必要なトラック9000台分の土砂すら準備されていません。
そもそも「本体工事」前の海底ボーリング調査も終わっていません。
さらに埋め立てには翁長沖縄県知事による岩礁破砕許可が必要です。
3月31日で前知事の許可は期限切れになりました。
ところが政府は、地域の漁協に補償金を払って漁業権を放棄させたから申請の必要なし、と知事権限を無視し、岩礁破砕許可なしで違法工事を強行しようとしています。

○民意を踏みにじり強行を繰り返す政府
○沖縄はあきらめない。ともに立ち上がろう
安倍政権・防衛省は、中国や朝鮮民主主義人民共和国の「脅威」を煽って、日米共同使用を狙う辺野古新基地の建設や、与那国島や宮古島、石垣島、奄美諸島への自衛隊配備、強化を進めています。
民意を無視した政府の強引な基地の押し付けは、沖縄で基地反対を訴える人たちへの差別・憎悪表現(ヘイト・スピーチ)や、沖縄への偏見をあおる東京MXのようなデマ番組の横行を社会にもたらしています。
米軍基地はいらない、沖縄への基地の押しつけと差別を許さない、という声を東京でも上げていきましょう。

「日本と再生 光と風のギガワット作戦」上映会 河合弘之監督トーク
 
日時:6月9日(金)18:45〜 開場18:30 
場所:練馬文化センター小ホール(西武池袋線・大江戸線「練馬駅」北口)

トーク:河合弘之
前売1000円、当日1200円、高校生・避難者無料

主催:核・原発のない未来を子どもたちに@練馬
nonukesnerima(a)gmail.com

太陽がいっぱい。風がいっぱい。
世界はもう、自然エネルギーで動いている!
地球をひと回りして自然エネルギーの活況を見に行こう。
メインストリームはすでに原発でも化石燃料でもない現実を!

福島原発事故であぶり出された原発利権構造。
日本政府は執拗に原子力発電の復活を目論んでいる。
全ての原発を止めようとする脱原発弁護士・河合弘之は「原発をなくしても、自然エネルギーで地域も経済も再生できる」と信じ、
世界の自然エネルギーの実情を知る旅に出た。
同道するのは反骨の環境学者・飯田哲也。
ドイツ、デンマーク、中国、アメリカetc.。
電力輸出が増大するドイツ!
米国防総省が進める自然エネルギー計画!
原発推進国を思われていた中国の絶対的自然エネルギー隆盛!
クリーンで安価なエネルギーで世界はもう動いている。
日本も遅れをとってはならない!


■「日本と再生 光と風のギガワット作戦」自主上映会
6月25日(日)13:30開場 14:00上映開始(16:30終了予定)
会場:豊島区生活産業プラザ(ECOとしま) 8階 多目的ホール(豊島区東池袋1-20-15 池袋駅東口から7分)
参加費1000円(中学生以上) 大地を守る会会員500円
定員80名 
※事前申込制 申込しめきり6月16日
「氏名、人数、連絡先」を下記までお知らせください。
主催:大地を守る会 専門部会 原発とめよう会
TEL043-380-7760 メールtomeyoukai(a)daichi.or.jp

6/4歌と朗読と講演の集い「忘れまい!ビキニ被爆63年 そしてフクシマ―築地にマグロ塚を―」
 
日時:2017年6月4日(日)13:30より16:30(13:00開場)
会場:江東区夢の島マリーナ(2F会議室)
    東京メトロ・JR京葉線新木場駅から徒歩15分
    (※天気が良ければ、「第五福竜丸記念展示館」から海沿いのヨットハーバーを左に見ながら徒歩5〜6分で「夢の島マリーナ」に到着します。)

内容:
1.歌と朗読「長編詩『ロンゲラップの海』そしてフクシマ」(14:30より14:15)
2.「ビキニ被爆で被災した漁船員たちとその後」
      講演:西村奈緒美(朝日新聞社会部記者、前高知総局)
3.「なぜ今、築地にマグロ塚か」
      アピール:大石又七(第5福竜丸被爆者)
参加費:1000円

主催:築地にマグロ塚をつくる会(代表 大石又七)
問合せアドレス:ta-yo(a)hyper.ocn.ne.jp

止めよう! 辺野古埋立て 共謀罪法案は廃案に! 6.10国会大包囲
 
6月10日(土)14:00〜15:30
場所:国会周辺 (国会議事堂前駅、永田町駅ほか)

いまこそ、気持ちをひとつに集まろう!

主催:
基地の県内移設に反対する県民会議/「止めよう! 辺野古 埋立て」国会包囲実行委員会/沖縄・一坪反戦地主会関東ブロック/沖縄意見広告運動/
戦争させない・9条壊すな! 総がかり行動実行委員会/戦争させない1000人委員会/解釈で憲法9条を壊すな!実行委員会/戦争する国づくりストップ!憲法を守り・いかす共同センター
協賛:共謀罪NO! 実行委員会
http://humanchain.tobiiro.jp/index.html

沖縄戦では住民の4人に1人の命が奪われました。
沖縄の人々は戦中戦後に収容所へ入れられて米軍に土地を奪われ、サンフランシスコ講和条約後は米軍の 「銃剣とブルドーザー」により家を壊されて土地を強制収用され、「本土」で基地反対の声が高まると沖縄に基地が移されました。
日本「復帰」後も基地被害が絶えず、在日米軍専用施設の面積の7割が集中している沖縄に、新たな基地を造ることは許されません。

新基地建設NO!という沖縄県民の民意は選挙や大規模集会で、また座り込みやカヌーによる抗議など人間の尊厳をかけた非暴力の直接行動によって示されてきました。
しかし、日本政府は4月中にも辺野古の埋め立て区域を囲む護岸工事を強行する方針です。
工事に入れば初めての辺野古の海への土砂の投入です。
人々の思いを踏みにじり、美しい海を殺す暴挙をやめさせなければなりません。
翁長沖縄県 知事は辺野古埋め立て承認の撤回を検討しています。

わたしたちは民意無視の政治や、不平等な日米地位協定は改正せずに「土人」 発言を容認して沖縄への差別をあおる日本政府を許さない世論を作っていかなければなりません。
戦争をする国づくりの法制度が戦争法であり、そのための最前線の基地が米軍と自衛隊の共同使用を視野に入れた辺野古新基地建設です。
与那国島、石垣島、 宮古島、奄美大島では自衛隊が強化されています。
そして戦争をする国づくりに 反対する市民運動、労働運動を弾圧するのが共謀罪(テロ等準備罪)法案です。
辺野古・高江での抗議行動を主導してきた山城博治さんらへの不当な長期勾留は共謀罪の先取りです。
戦争法、辺野古新基地建設、共謀罪は一体のものです。

白山オープン講座1 「子どもの貧困」はなぜなくならないのか−当事者と考える−
 
6月10日(土)
東洋大学白山キャンパス 三田線「白山駅」、南北線「本駒込駅」

(1)13時00分〜14時30分(90分)
子どもの貧困について、5つのしにくさから学ぶ
講師:森田明美(東洋大学社会学部教授)
(2)14時45分〜16時15分(90分)
子どもの貧困を乗り越えてきた当事者の話を聞いて考える
発言:10代で出産した女性、児童福祉施設等出身者

受講料:無料
定員:50名

申込期間:4月3日(月)〜5月29日(月)必着
http://www.toyo.ac.jp/site/koza/319659.html

東洋大学社会貢献センター

「子どもの貧困」が、日本社会で話題になり、長い時間が過ぎました。
子どもの貧困は子どもの希望を奪い、子どもが努力する意欲を奪いますから、おとなになる前に早く解決しなければなりません。
社会保障制度の整った日本社会でなぜ貧困がこれほど厳しく存在するのでしょう。
この講座では、子どもの貧困の現状となぜ克服できないのかということを、(1)支援の届きにくさ(2)子どもの声の届きにくさ(3)貧困の見えにくさ(4)支援効果の見えにくさ(5)支援へのつながりにくさという、5つの「しにくさ」の視点から明らかにします。

デマで沖縄への偏見をあおった「ニュース女子」 MXの開き直り見解をゆるさない抗議行動 第14回
 
日時:5月25日(木)18時半〜19時半
場所:TOKYO MX本社前
    千代田区麹町1-12
    地下鉄半蔵門線「半蔵門」駅 3A番出口
    地図→http://s.mxtv.jp/company/map.php
呼びかけ:沖縄への偏見をあおる放送をゆるさない市民有志
ねらい:TOKYO MXに放送内容の訂正と謝罪を求める(2通の申し入れ書を提出済み)
    参加者の思いを伝える
    ※プラカード持参、大歓迎!

MX前での抗議行動は第2、第4木曜日です。

http://www.labornetjp.org/EventItem/1494570169452matuzawa

NO!辺野古新基地 埋め立てるな! 高江の基地建設強行するな! 政府に迫る連続行動
 
◆防衛省抗議・申し入れ行動
日時:6月5日(月)18:30〜 
場所:防衛省前 JR・地下鉄「市ヶ谷」駅、「四ツ谷」駅5分
http://www.mod.go.jp/j/profile/mod_sdf/access.html

防衛省前抗議行動は、原則、毎月第一月曜日の18時30分から、取り組んでいます。
抗議文またはアピールするものをぜひ持ってきてください。

辺野古現地では、阻止するための体を張った行動が日々、続けられています。
辺野古現地にかけつけることと同時に、政府に対して工事の中止を全国で訴えることが求められています。

辺野古への基地建設を許さない実行委員会
http://www.jca.apc.org/HHK/NoNewBases/NNBJ.html
http://www.jca.apc.org/HHK/

◆辺野古リレー 〜辺野古のたたかいを全国へ
辺野古(へのこ)リレー〜辺野古のたたかいを全国へ〜
http://henokorelay.wordpress.com/

参考ブログ
http://blog.goo.ne.jp/chuy
http://blog.goo.ne.jp/awamori777 

文化センター・アリラン
 
■2017年度連続講座(全8回) 日朝関係から問う「明治150年」 http://www.arirang.or.jp/classes/2017
場所:文化センター・アリラン閲覧室
参加費:各回1000円
総合司会:愼蒼宇(シン・チャンウ)、鄭栄桓(チョン・ヨンファン)
 
■第3回
自由民権と朝鮮(福澤諭吉・田中正造を中心に)
〜日本近代社会における朝鮮認識の特質〜
6月17日(土)14:00〜16:30
講師:中嶋久人(小金井市史編さん委員)
日本近代社会において、朝鮮認識とは単なる他者認識ではない。
この朝鮮認識の中には、自らの「近代」をどう考えていくかという認識枠組みが内在しているのである。
今回は、「近代」への向き合い方が対照的な福澤諭吉と田中正造をとりあげ、この問題を考えていく。


次回以降の日程:
7月15日(土)、9月16日(土)、10月14日(土)、11月25日(土)、1月21日(日)
時間はすべて14:00〜16:30

文化センター・アリランは、在日韓国・朝鮮人と日本人が出会い、交流するユニークな図書館です。
韓国・朝鮮に関する所蔵図書や新聞・資料をご覧になれる閲覧室を設けています。
また、さまざまな研究会活動や、楽しみながら韓国・朝鮮の文化に触れられるイベントを随時企画・開催している文化空間で、
どなたでもご利用になれます。
外国人居住者も多いにぎやかな多文化のまち新宿・大久保のオアシスを目指して日々運営しています。

NPO法人 文化センター・アリラン
  新宿区新大久保1-12-1 第二韓国広場ビル8階(職安通り沿い)
  JR山手線「新大久保駅」から10分、西武新宿線「西武新宿駅」北口から7分、大江戸線・副都心線「東新宿駅」A1出口、A2出口から5分

開館日:水・木・金・土・日の5日間
開館時間:11時〜18時
休館日:月・火、毎月末の木曜日 年末年始など
入館料:無料

http://www.arirang.or.jp/

高麗博物館
 
有田焼400年 望郷と同化のはざまで〜朝鮮被虜人の生活と文化
NPO法人高麗博物館2017企画展示 400年前の朝鮮侵略Part 2

期間:5月3日(水)〜8月27日(日)
高麗博物館展示室(新宿区大久保1-12-1第2韓国広場ビル7階)
   都営大江戸線・メトロ副都心線東新宿駅 西武新宿線西武新宿駅北口、JR新大久保駅

有田焼 400 年の陶磁文化に秘 められた記憶を掘り起こせば、 数万ともいわれる被虜人の痕跡 が各地に存在する。
その声なき 声を聞き、日本と朝鮮半島をめぐる、歴史認識を再考する。


開館時間:12:00〜17:00 休館日:月曜日・火曜日 冬休み:12月28日〜1月5日
入館料400円(中高生200円)

市民がつくる日本・コリア文化交流ミニミュージアム特定非営利活動法人 高麗博物館
 http://www.40net.jp/~kourai/

東京自治研究センター 月例フォーラム
 
第254回 性の多様性をつつみこむ地域社会

6月28日(水)13:30〜16:15
中野サンプラザ7階研究室8

講師:原 ミナ汰(NPO法人共生社会をつくるセクシュアル・マイノリティ支援全国ネットワーク代表理事)

会費1000円

主催:公益社団法人 東京自治研究センター
 http://www.jca.apc.org/tokyojic/forum/index.html

アベ政治を許さない!! 同じポスターを全国一斉にかかげよう 毎月3日午後1時
 
次回は、6月3日(土)午後1時きっかり

全国一斉行動 再開のお知らせ(2015年記載)
7月18日午後1時の「掲げる会」にご協力ありがとうございました。
8月、9月と体調をくずしていましたが、政治のあまりのひどさに、また「アベ政治を許さない」を掲げようと思い、よびかけます。
再開第一回目の11月3日(火・文化の日・憲法公布記念日)私はこの日長野県阿智村の「満蒙開拓平和記念館」前に立ちます。(国会前には、有志が立ちます。)
そして、毎月3日午後1時にくりかえします。
それぞれの場で、おなじ抗議ポスターを、おなじ時間に掲げます。
現在の政治のありかたに対する、私たちのギリギリの意思表明です。
ファックスやネットでも広げてゆきましょう。
           2015年10月 澤地久枝
https://sites.google.com/site/hisaesawachi/

東京シューレ
 
フリースクール東京シューレは、2015年、創立30周年を迎えたNPO法人が運営する学校外の子どもの居場所・フリースクールです。
フリースクールは都内に2ヶ所(北区王子・新宿若松河田)、千葉県に1ヶ所(柏市柏の葉)あり、主として不登校の子が活用しています。
6歳から20歳までの子ども・若者がいつでも入会できます。
また、全国の在宅不登校家庭をサポートするホームエデュケーションネットワーク・ホームシューレや18歳以上の知的探求の場・シューレ大学などの活動を展開しています。

http://www.shure.or.jp/

★「東京シューレ葛飾中学校」
詳しい情報 http://shuregakuen.ed.jp/

★「フリースクール東京シューレ」は、随時入会が可能
詳しい情報 http://www.shure.or.jp/p-info/

東京シューレのイベント等予定
http://www.tokyoshure.jp/index.html

再稼働反対! 首相官邸前抗議 毎週金曜日
 
5月の抗議日 金曜日 よる18:30〜20:00
5月5日、12日、19日、26日
場所:首相官邸前、国会議事堂正門前(国会議事堂前駅、永田町駅)

福島事故処理費用、さらに増えて70兆円との試算も!
日印原子力協定、今国会で承認しインドに原発輸出か
大阪高裁 差し止め却下 高浜3、4号機 5月にも再稼働
東芝赤字1兆円、米国の原発事業から撤退

「官邸前抗議エリア」はコール中心、「国会前スピーチエリア」はスピーチとコールで抗議をするエリアです。

http://coalitionagainstnukes.jp/?p=4142
http://coalitionagainstnukes.jp/
呼びかけ:首都圏反原発連合

- KENT WEB -