市民活動のお知らせを掲載しています。

3/24東京都に自主避難者への住宅支援の強化を求める緊急アクション
 
日時:3月24日(金)
13:00〜15:00 場所:東京都庁第一庁舎前
17:30〜19:00 場所:JR新宿駅西口

行動内容
小池東京都知事の定例記者会見にあわせ、避難当事者の緊急アピールを中心に座り込み行動。
17:30よりJR新宿西口出口にて街宣行動。避難当事者、避難者グループが発言。飛び入り参加も大歓迎。
https://www.hinan-kyodo.info/

主催:避難の協同センター/キビタキの会/希望のまち東京をつくる会東京/原発事故避難者の住宅確保を支援する江東の会

国、福島県による原発事故の区域外(自主)避難者の住宅支援打ち切りが3月31日に迫っています。
私たちが対応している相談事例の大半が、3月末での「住宅無償提供打ち切り」で更に生活困窮している内容です。
家族を守るために避難生活を選択した方々が4月以降の家賃支払いができないとの悲痛な声が届いています。

集会「放射能汚染防止法」制定に向けて(3/27)
 
日時:3月27日(月)13:00〜15:30  ※12:30から、ロビーにて通行証を配布いたします。
場所:衆議院第二議員会館第一会議室(定員80名)

http://www.foejapan.org/energy/fukushima/evt_170327.html
内容:
「放射能汚染防止法」がなぜ必要か 山本行雄弁護士
放射性物質汚染対処特措法の問題点 藤原寿和/千葉県放射性廃棄物を考える住民連絡会事務局長
福島各地に建設される焼却処分場の実態 和田央子/放射能ゴミ焼却を考えるふくしま連絡会
など

要申し込み:
1)以下のオンラインフォームにて
https://pro.form-mailer.jp/fms/c110c5bf118300
2)ファックスまたはメール、お電話にて
件名を 「3・27「放射能汚染防止法」集会参加」として、@ご氏名、Aご連絡先電話、Bご連絡先E-mailをお知らせください。

主催:FoE Japan

「岩礁破砕許可」期限切れ!辺野古新基地建設の即時中止を求める新宿アピール&デモ
 
3月31日(金)(予定)18:30アピール開始 19:30デモ出発(予定)
新宿アルタ前集合

沖縄・一坪反戦地主会関東ブロック
http://www.jca.apc.org/HHK/

公開シンポジウム「沖縄問題とは何か」
 
3月25日(土)17:00〜20:00 開場16:30
青山学院大学総研ビル 12階 大会議室

資料代500円 ※事前申し込みは不要です

主催:東アジア共同体・沖縄(琉球)研究会

プログラム:
名誉顧問からの開会挨拶:鳩山友紀夫(元首相・東アジア共同体研究所理事長)
基調講演:「“沖縄問題”が日本に突きつけるもの」白井聡(京都精華大学)
第一報告:「沖縄を巡る当事者性の問題」佐藤優(作家・元外務省主席分析官)
第二報告:「アジア型IRと西洋型IRの中の琉球独立」松島泰勝(龍谷大学)
第三報告:「『大』と『帝』―憲法と東アジア・琉球」高良鉄美(琉球大学)
質疑討論

事務局:
羽場久美子(青山学院大学) kumikohaba(a)sipeb.aoyama.ac.jp
木村朗(鹿児島大学) kimura(a)leh.kagoshima-u.ac.jp

日印原子力協定国会承認・批准反対行動
 
3月27日(月)
9〜12時 原発メーカー3社要請行動
14〜16時 外務省交渉、院内集会
場所:衆議院第一議員会館、第4会議室

主催:日印原子力協定国会承認反対キャンペーン
協力:超党派「原発ゼロの会」

核武装国・インドへの原発輸出に道を開く「日印原子力協定」。昨年11月の安倍・モディ両首相による「署名」に続き、日本政府は3月下旬以降に国会承認・批准を目指しています。
2度も核実験を強行し、核不拡散に背を向けるインドに、福島事故の収束もできない日本が原発を輸出するなど、もってのほかです。
インドの人びとは抗議の声を上げ続けています。今こそ政府・国会に「承認・批准反対」の声を突き付けましょう。
http://www.labornetjp.org/EventItem/1489872606090staff01

危ないぞ!共謀罪 4.7市民学習会 in 江東 話し合うことが罪になる。許すな監視社会
 
4月7日(金)18時45分より
深川江戸資料館小劇場(母子室あります)
    江東区白河1-3-28 都営大江戸線・東京メトロ半蔵門線「清澄白河駅」A3出口 徒歩3分
    地図→https://www.kcf.or.jp/fukagawa/access/

安倍政権は、国内における市民監視・管理をさらに強化しようとしています。
その最たるものが、「テロ等組織犯罪準備罪」と名前だけをかえた共謀罪新設の動きです。
海外におけるテロが日本に持ち込まれるのではないかという恐怖心をあおり、共謀罪を新設しようとしているのです。

講師:海渡雄一 弁護士
http://www.labornetjp.org/EventItem/1488809311192matuzawa
資料代:500円

主催:「危ないぞ!共謀罪 4.7市民学習会 in 江東」実行委員会

今こそ、排外主義にNO! 4.16ACTION
 
4月16日(日) 13:00開場 13:30〜集会 16:00頃〜デモ行進(新宿方面へ。予定)
日本キリスト教会館 4階 (東西線「早稲田駅」)

「入管にひそむ排外主義―現場からの報告」 講師:山村淳平

呼びかけ:
差別・排外主義に反対する連絡会 http://noracismnodiscrimination.blogspot.jp/
APFS労働組合 http://apfs-union.org/

2009年、埼玉県在住のフィリピン人一家を「追放しろ」というヘイトデモ=在特会をはじめとする差別・排外主義勢力との闘いは、この時のカウンター行動をきっかけに始まりました。
8年後の今、状況はますます深刻の土を増すばかりです。
トランプの大統領就任以降のアメリカは、理不尽な入国制限からデマゴギーの蔓延まで、レイシズムと排外主義にまみれた醜悪な輩が権力を牛耳り、それに抗してアメリカ国内はもとより、全世界で碇と反撃の狼煙が上がっています。
一方でトランプにひたすらひれ伏す安倍政権は、日本会議とのグロテスクな関係が暴かれ、その本質が露わになっています。
もとより、民主主義国家?としては信じがたき難民受け入れの少なさ、外国人の人権を踏みにじる入管政策、そして移住労働者に対する不当な搾取・差別的処遇、国策に抵抗する沖縄へのヘイト・バッシングは、トランプNOの声もほとんど出てこない日本の現状を物語っているといえるでしょう。

麻布米軍ヘリ基地4・18撤去集会(運動開始50周年企画)
 
4月18日(火) 18:30〜
都立青山公園 千代田線「乃木坂駅」2分、日比谷線・大江戸線「六本木駅」10分

戦争法廃止! 共謀罪反対! 辺野古・高江への米軍新基地建設反対!
首都上空を傍若無人に低空飛行する米軍ヘリ!
港区にも米軍基地はいらない!

主催:麻布米軍ヘリ基地撤去実行委員会 http://home.att.ne.jp/sigma/azabu/

麻布米軍ヘリ基地とは?
首都東京のまん中、港区六本木7丁目に居座る米軍基地。公称「赤坂プレスセンター」。私たちは「麻布米軍ヘリ基地」と呼んでいます。
この基地は、国立新美術館の隣に26,397平方メートルを占め、敷地内には約1万平方メートルのヘリポート、米軍準機関紙「星条旗新聞」極東支社、PX(売店)、宿舎、そして第500軍事情報旅団をはじめ陸海空三軍の諜報機関の事務所があります。
都心部にあるこの基地には、横田・厚木・横須賀の在日米軍司令部から日米合同委員会などに出席する米軍将校や米国諜報機関員などを載せた軍用ヘリが毎日何度も飛来し、そのたびに周辺に人たちは墜落の危険、騒音、振動、風害、排ガスなどに悩まされています。
また米軍は東京都との協定を無視して都立青山公園の4,300平方メートルを不法占拠し続けています。

辺野古の海の埋立て工事強行を許さない!4・19大集会
 
4月19日(水)18:30開会 18:00開場
日比谷野外音楽堂(霞ヶ関駅ほか)

――沖縄と全国の力を一つにして辺野古新基地建設を阻止しよう!
――戦争法は廃止!共謀罪の新設反対!

沖縄からの訴え
各政党・会派からのあいさつ
辺野古関係のリレートーク:MXテレビ、機動隊住民監査請求裁判、土砂搬出問題、オスプレイ配備

19:45 デモ出発 銀座・東京駅方面
http://www.labornetjp.org/EventItem/1487741987236matuzawa

共催:
基地の県内移設に反対する県民会議
「止めよう!辺野古埋立て」国会包囲実行委員会
戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会 http://sogakari.com/?page_id=67

シンポジウム STOP!沖縄ヘイト〜メディアの目線を問う〜
 
4月23日(日)14:00〜16:30 開場13:30
東京しごとセンター・地下講堂(「水道橋駅」西口5分、「飯田橋駅」東口7分)

パネル・ディスカッション:
香山リカ(精神科医)、木村朗(鹿児島大教授)、前田朗(東京造形大教授)、安田浩一(ジャーナリスト)
発言:
新垣毅(琉球新報)、宮城栄作(沖縄タイムス)

主催:沖縄シンポジウム実行委員会
 東京造形大学・前田研究室  maeda(a)zokei.ac.jp

沖縄の声を暴力で封じ込めて米軍基地建設が強行され、沖縄差別と弾圧がいっそう激化しています。
日本政府は沖縄を人の住む島ではなく、本土の利益のための道具として扱っています。
米兵による犯罪、大阪府機動隊員による「土人」発言、オスプレイ墜落事件と、沖縄に対する侮蔑が激しくなっています。

メディアも沖縄差別に加担していないでしょうか。
沖縄の現実と本土メディアの報道の間の極端な落差は「温度差」の範囲ではありません。
「沖縄の2紙をつぶせ」発言、TOKYO MX「ニュース女子」問題をはじめ、メディアや社会における沖縄ヘイトが常態化しつつあるように見えます。

サンゴをつぶすな!海を殺すな! 辺野古新基地建設の強行を許さない 4・8首都圏集会
 
4月8日(土) 18:30〜
文京区民センター 3A(三田線、大江戸線「春日駅」 丸ノ内線、南北線「後楽園駅」)

唄と上映(辺野古3.25県民集会)を予定
沖縄の闘い報告:安次富浩(ヘリ基地反対協議会共同代表)
参加・賛同団体からの報告ほか:
高江ヘリパッド、オスプレイ、ゼネコン、自然破壊、不当逮捕・長期拘留、デマ番組、など

資料代500円

主催:辺野古への新基地建設を許さない実行委員会
http://www.jca.apc.org/HHK/NoNewBases/NNBJ.html
https://twitter.com/henokojitu

共謀罪の国会提出を許さない!行動スケジュール
 
◆4・6共謀罪反対!日比谷野音集会・デモ
4 月6 日(木)18 時30 分〜19 時30 分(集会)
19:30〜  国会・銀座デモ
共催:共謀罪NO !実行委員会/戦争させない・9条壊すな! 総がかり行動実行委員会

戦争させない・9条壊すな! 総がかり行動実行委員会 http://sogakari.com/?page_id=67

共謀罪NO! 実行委員会
呼びかけ5 団体:「秘密保護法」廃止へ!実行委員会/ 解釈で憲法9 条を壊すな!実行委員会/ 日本マスコミ文化情報労組会議(MIC)/ 盗聴法廃止ネットワーク/
共謀罪法案に反対する法律家団体連絡会(社会文化法律センター、自由法曹団、青年法律家協会弁護士学者合同部会、日本国際法律家協会、日本民主法律家協会、日本労働弁護団)

韓国の情報公開・NPO・選挙と政治−韓国調査報告−
 
日時 2017年3月30日(木) 18時半〜21時
場所 四谷地域センター11階 第4集会室
       (東京都新宿区内藤町87番地)http://ycc.tokyo/about.html

定員 25名    ※先着順ですが事前申込者優先
資料代1000円(当会会員無料)

話:
桔川純子(NPO法人希望の種副理事長)
三木由希子(情報公開クリアリングハウス理事長)

  事前お申し込みはこちらから→ http://bit.ly/2lSn43C

PDF版案内はこちらから→ http://bit.ly/2n5RgYW

日本とは大きく異なる選挙管理や政党にまつわる法律と仕組みを持つ韓国に、聞き取り調査に行ってきました。
選挙管理委員会の役割、政党助成金の使い方、政党と議員・首長の関係、民主市民教育といろいろ発見がありました。
背景には、社会・政治状況の歴史的違い、政治と市民の関係、市民社会の力など様々な要因があります。
また、ついでに久しく話を聞く機会を逸してきた韓国の情報公開と記録管理についても話を聞いてきました。
そこで、韓国の情報公開や記録管理、選挙管理と政治、NPOの活動について報告する機会を設けました。

デマで沖縄への偏見をあおった「ニュース女子」 MXの開き直り見解をゆるさない 第11回抗議行動
 
※3月23日(木)は私たちの行動はありません。

日 時:3月30日(木)18時半〜19時半
場 所:TOKYO MX本社前
    千代田区麹町1-12
    地下鉄半蔵門線「半蔵門」駅 3A番出口
    地図→http://s.mxtv.jp/company/map.php
呼びかけ:沖縄への偏見をあおる放送をゆるさない市民有志
ねらい:TOKYO MXに放送内容の訂正と謝罪を求める(2通の申し入れ書を提出済み)
    参加者の思いを伝える
    ※プラカード持参、大歓迎!

MXに対し、デマ番組の「根拠」を示す回答を求め集まりましょう
2月27日、TOKYO MXは、自社が放送した番組「ニュース女子」(1月2日放送)に関する見解を出しました。
その内容は居直りと思える倣慢なものでした。
「沖縄で基地建設に反対する人は日当をもらっている」「暴力をふるっている」「沖縄では基地賛成の人が多い」など明らかにウソの報道があったにもかかわらず、「番組内で伝えた事象は、合理的な根拠に基づく」「事実関係において捏造、虚偽があったとは認められない」としています。

3月9日、私たちは、番組で主張された個別の事例について、根拠を示して欲しいという申し入れ書をMXの編成業務部長に手渡しました。
回答の期限とした3月30日(木)、MX前に集まります。

事実でなかったものをさらに事実だと主張することはウソの上塗りです。
MXに対し、これ以上居直ることを止め、社内の良心を働かせて自ら謝罪・訂正することを求めます。
http://www.labornetjp.org/EventItem/1489138523266matuzawa

山城博明 写真展 やんばる・高江の森はこうして破壊されていった
 
◆3月10日(金)〜4月9日(日)9:00〜17:00(休館日3月13/21/27日・4月3日)
原爆の図丸木美術館 (埼玉県東松山市下唐子1401 東武東上線「森林公園駅」南口からタクシー10分、または「つきのわ駅」南口から徒歩30分 ほか)
  ※美術館入館料一般900円、中・高校生600円、小学生400円 チラシ持参の方100円引き

高江のヘリパッド建設はまだ終わっていない。
無謀な突貫工事によってやり直さざるを得ない部分は多く、
未整備のところ含めて工事は8月ごろまで続くという。
「高江」はまだ終われない!

共催:
山城博明「高江の森」写真展実行委員会、宮森・630を伝える会、ピース・ニュース、
ジュゴン保護キャンペーンセンター、沖縄平和ネットワーク首都圏の会
連絡先 kk-kame8(a)Hotmail.co.jp(かとう)

NO!辺野古新基地 埋め立てるな! 高江の基地建設強行するな! 政府に迫る連続行動
 
◆防衛省抗議・申し入れ行動
日時:4月3日(月)18:30〜 
場所:防衛省前 JR・地下鉄「市ヶ谷」駅、「四ツ谷」駅5分
http://www.mod.go.jp/j/profile/mod_sdf/access.html

防衛省前抗議行動は、原則、毎月第一月曜日の18時30分から、取り組んでいます。
抗議文またはアピールするものをぜひ持ってきてください。

辺野古現地では、阻止するための体を張った行動が日々、続けられています。
辺野古現地にかけつけることと同時に、政府に対して工事の中止を全国で訴えることが求められています。

辺野古への基地建設を許さない実行委員会
http://www.jca.apc.org/HHK/NoNewBases/NNBJ.html
http://www.jca.apc.org/HHK/

◆辺野古リレー 〜辺野古のたたかいを全国へ
辺野古(へのこ)リレー〜辺野古のたたかいを全国へ〜
http://henokorelay.wordpress.com/

参考ブログ
http://blog.goo.ne.jp/chuy
http://blog.goo.ne.jp/awamori777 

映画「高江−森が泣いている2」ヘリパッド工事が強行されている米軍北部訓練場の内側を描く
 
映画「高江−森が泣いている1&2」

http://america-banzai.blogspot.jp/

藤本幸久・影山あさ子 共同監督作品


◆『辺野古』圧殺の海 第2章
共同監督:藤田幸久、影山あさ子
2014年7月1日・辺野古新基地建設着工から翁長知事誕生までを描いた『圧殺の海』。
それから18カ月、24時間体制で現場に張り付き撮影を続けた辺野古・抵抗の記録『辺野古』が完成した。
国が沖縄県を訴えた代執行訴訟は、2016年3月に和解となるが、その後の辺野古は…。
http://america-banzai.blogspot.jp/

文化センター・アリラン
 
文化センター・アリラン閲覧室でのイベント案内
■ビデオ上映会&歴史勉強会
第2回
3月25日(土)14:00〜17:00
「日本はなぜ東学農民戦争を隠すのか」 KBS 2014.10.15放送


文化センター・アリランは、在日韓国・朝鮮人と日本人が出会い、交流するユニークな図書館です。
韓国・朝鮮に関する所蔵図書や新聞・資料をご覧になれる閲覧室を設けています。
また、さまざまな研究会活動や、楽しみながら韓国・朝鮮の文化に触れられるイベントを随時企画・開催している文化空間で、
どなたでもご利用になれます。
外国人居住者も多いにぎやかな多文化のまち新宿・大久保のオアシスを目指して日々運営しています。


NPO法人 文化センター・アリラン
  新宿区新大久保1-12-1 第二韓国広場ビル8階(職安通り沿い)
  JR山手線「新大久保駅」から10分、西武新宿線「西武新宿駅」北口から7分、大江戸線・副都心線「東新宿駅」A1出口、A2出口から5分

開館日:水・木・金・土・日の5日間
開館時間:11時〜18時
休館日:月・火、毎月末の木曜日 年末年始など
入館料:無料

http://www.arirang.or.jp/

高麗博物館
 
鄭周河写真展・奪われた野にも春は来るか フクシマを考える

2月1日(水)〜4月30(日)
高麗博物館展示室(新宿区大久保1-12-1第2韓国広場ビル7階)
   都営大江戸線・メトロ副都心線東新宿駅 西武新宿線西武新宿駅北口、JR新大久保駅

開館時間:12:00〜17:00 休館日:月曜日・火曜日 冬休み:12月28日〜1月5日
入館料400円(中高生200円)

関連講演会
◆フクシマ以後の生とは?『少数者の立場から』
徐京植(作家・東京経済大学教授)
4月8日(土)14:00〜16:30
※要予約 1000円(入場料含む)

市民がつくる日本・コリア文化交流ミニミュージアム特定非営利活動法人 高麗博物館
 http://www.40net.jp/~kourai/

アベ政治を許さない!! 同じポスターを全国一斉にかかげよう 毎月3日午後1時
 
次回は、4月3日(月)午後1時きっかり

全国一斉行動 再開のお知らせ(2015年記載)
7月18日午後1時の「掲げる会」にご協力ありがとうございました。
8月、9月と体調をくずしていましたが、政治のあまりのひどさに、また「アベ政治を許さない」を掲げようと思い、よびかけます。
再開第一回目の11月3日(火・文化の日・憲法公布記念日)私はこの日長野県阿智村の「満蒙開拓平和記念館」前に立ちます。(国会前には、有志が立ちます。)
そして、毎月3日午後1時にくりかえします。
それぞれの場で、おなじ抗議ポスターを、おなじ時間に掲げます。
現在の政治のありかたに対する、私たちのギリギリの意思表明です。
ファックスやネットでも広げてゆきましょう。
           2015年10月 澤地久枝
https://sites.google.com/site/hisaesawachi/

- KENT WEB -